スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジッタードール」歌わせてみた

最近少し作品のうぷ頻度もブログ更新の頻度も鈍ってる気しかしません、はたけです。

早速ですが、最近うぷした作品の宣伝を。





原曲は伝説のLilyマスターといわれるnikiさんの代表作の1つです。
他ボカロやUTAUによるカバーが非常に多く存在する作品ですが、私もやってみました。

ちなみに「ジッタードール」をやるのは4度目の正直ですww
(さとうささら → GUMI_Power → 初音ミク_Solid(V2) → 初音ミク_Solid(V3))
あまりにもこの曲を歌わせた回数が多いので、ツイッターでフォロワーさんから「はたさんジッタードールホンマ好きやな」と突っ込まれる始末w

実際この曲のサビにくるロングトーンや上下に重ねた同じ音程が続く独特のハモりが大好きです(笑)

この曲、cilliaさんの波音リツカバーが原曲を喰うような勢いで有名ですが、個人的にはそれよりこっちのミクカバーが好きだったりします。





リアルタイムで視聴した作品ですが、自分、この作品にメチャクチャ影響受けてますw
力強いミクといえばこの作品ですかね……。歌い方は機械的ですが、正直神調教に値する作品だと思います。
正直、自分のバイブルとなってる作品の1つですらあります。

海外のPの作品です。
調教技術の素晴らしさもさることながら、ハモリ含めたMIXの凄さが突出しています。(はたけ個人の印象ですが「ジッタードール」はハモリに癖があるのでMIXがかなり難しく感じました。)
唯一惜しいのは、おそらく当人の耳コピによるもの故か、歌詞をところどころ間違えてる処(๑´╹ω╹`๑)

ミクは無印の丸い声から「かわいい」イメージを持たれているためか、こうしたシリアスな曲やパワーの要求される歌に向いていない印象を持たれているところありますが、実際は派生音源の「Solid」「Light」が硬い声をしているので、調整次第でいけます。



うちのミクに関しては、「あまりミクらしくない力強さ」という理由から、投稿に際して結構な割合で好評いただいているのですが、これ単に「巧い」と言われるよりずっと嬉しかったりしますw



さて、「力強い」と言っていただけてるうちのミクなんですが、今回少し調整の種明かししてみたいと思います。
ツイッターでもたまーにちらほらとツイートはしてるのですが、こうして記事にまとめることはしてなかったはず。



はたけが使ってるミク音源はAppendもしくはV3の「Solid」です。(たまに違う音源も使いますが「パワフル」と言われた「Sorrow Rain」「リベリオ」「ジッタードール」などに関してはこれです。)

Solidは数あるミクの中でも極めてパワーに特化した音源です。非常に硬い、どこか怒ってるかのような声をしています。同じミクの類の近い音源で「Light」というのもありますが、あっちはSolidほど硬くなくて無印とSolidの中間くらいです。
かわいらしいイメージの強い「ミクっぽさ」を強く残したまま、ロックやトランスなどの音圧のハードな作品に合わせるならLightのがいいんじゃないかと思っています。

まず、声の大人っぽさ子供っぽさを決めるGENは高めに組みます。はたけミクのこれは大体80~85くらいです。ライブラリにより少し受ける効果の印象は左右しますが、女性DBだとGENを高めに組むと、声が太くなり大人っぽく凛々しく変わります。

これを逆に低く組むと子供っぽくなります(笑) うちの子だとロリルカなどがまさにこれで、元の値(64)から30ほど減算した値で組んでます。(大体30~35。)

余談ですがルカはGENを低めにするとこもり気味の声が緩和されて滑舌が少し良くなります。私も以前フォロワーさんから言われて意識し出したことなのですが(^^; そのため、ルカに関してはオリジナル楽師さん、カバ専の方問わずGENを少し低めに組まれる方が結構いらっしゃいます。


GENは曲によって高めに組むか低めに組むか考慮される方が多いと思いますが、はたけはどのライブラリも大体高めに組んでます。(とくにミク、リンはかなり意識的に上げてます。)アイドルポップな曲はGENを低めにしたほうが合うのですが、そういう曲を歌わせる場合はラピスやMAYUなどの無調整状態で幼く聴こえるライブラリを使用することがほとんどです。


GENを上げたら、次はBRIを調整します。
GENと同じで、あまり曲中で変化させるパラメータではないので、基本値を決めたら後はそんなに派手に動かしません。
BRIはライブラリの声量、力強さにダイレクトに作用します。下げると声量が下がり、オケに埋もれやすくなりますので下げることはまあほとんどないです。(前面に出し過ぎると困るコーラス・ハモリパートの調整だったり、Lilyやリンなどのデフォルトでの声の張りが強力なボカロを大人しめに歌わせたい時に、低めに組むときがあります。)

はたけミクのBRIはほぼ100で固定です。
たまに曲中のロングトーンの末尾などで下げてますが、基本は100で動いてません。
なお、BRIは声の張りを上げるため、高くすると母音が強調されます。これにより、たまに子音が聴こえづらくなるのでそういうときは子音分割したりアクセントを高めにしたり部分的にDYNを上げて補強するなどの対策が要ります。


BRIを上げたら次はCLEを上げます。これは曲によって結構変えるのですが、はたけミクは15~35くらいです。(無調整だと0。「リベリオ」だと50くらいまで上げたような気もしますw)これは音の高い周波数帯域を強調するため、BRIとは違ったパワー効果があります。ただし上げすぎると高い音域で逆に声が薄っぺらくなったり、さ行ざ行でノイズが過剰に突出するなどの副作用も出るので程々に。


BRIの次はBREを上げます。これは声の息っぽさを上げるパラメータなのですが、スパイス程度にちょっとだけ上げてます。(10~15程度。)ちなみにこれを上げすぎると風邪をひいたような声になってオケに埋もれまくるので、ほどほどにw 気持ち少しだけ基本値を上げてやると、GEN以外の調整でボカロを少し大人っぽくしてあげることができます。

ルカとかゆかりとか、デフォルトで大人っぽいとよく言われるボカロは最初からBREが少し上がったような感じの声ですね(・ω・,) こういうデフォルトで大人っぽい声質のボカロに関してはBREはほぼノータッチです。


また、PITで大体ロングトーンの頭を強調してます。声に波を作ってうねりを与えるためです。
Softな声のボカロや大人しい曲に関しては音程を動かし過ぎると変に聴こえることが少なくないように思うのですが、ことPowerな声のボカロやパワーを要求される歌に関してはサビで大胆に弄ってます。


後、意識してるのはMIX時の調整ですが、うちのミクはModern ExciterというVSTプラグインで高い帯域を吊り上げてます。ボカロエディタでCLEを上げたような効果がありますが、少し掛かり方が違うので、曲によって兼ね合いを考慮します。

ちなみにこのModern Exciter、結構手軽にわかりやすい形で声の調整ができるので、多くの方に重宝されているようです。私も失速丸名義で活動してるときにツイッターにてフォロワーさんから教わり、活用するようになりました。



説明しづらいところは大雑把に割愛しているところもありますが、こんな感じですかね。
ちょくちょくミクのパワフルボイスに好評の声いただいたり、どうやって作ってるのかという声をいただいていたので、少し種明かししてみました。

ちなみに「やる気のないミク」として定着してるうちのミクですが、我ながら真面目に歌うときとオフとの差が凄まじく激しい子だなと思っていますw(おそらく好評いただいてる要因の一つ。)

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

プロフィール

八茸

Author:八茸
TM box及びSoundCloudで細々とカバーもどきな作品創らせてもらってます。アイコンはNaiさんにお願いして書き下ろしていただきました。

月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
最新記事
検索フォーム
最新コメント
ブロとも一覧

ぐ〜だら武士

冬々亭本部。

山猫02式のブログ

Rs-Factory
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。