スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ながらSeeUを購入
















どん!!!!!










SeeUブログ用1





今朝に届きました。
韓国ボーカロイドのSeeUです。
この子が発売されたのは4年前のV3ボーカロイドが出てきて間もなくの頃だったはずなのですが、そこはうろ覚え()
発売から2年くらいは日本でも店頭に並べられていて入手できましたが、現在は販売元のSBSと日本のボーカロイド市場との繋がりが断たれてしまったようで、日本国内での入手は非常に困難になっているようです。(去年、島村楽器の在庫処分セールに伴い、定価の半額以下で出されていたのを見たことがありました。もちろんすぐに買われてなくなってしまったようですが。)

Amazonでも去年くらいまでは定価の倍くらいの価格で売れ残っていましたが、それも買われたのかなくなっているようですね。





SeeUブログ用2

写真はSeeUが梱包されていた箱。



デカイです。



結構デカイです。



縦90センチはありましたw
というのも、韓国版での購入特典のポスターが同梱されていたせいなのですが。(なので中身はそんなにぎっしりとしていたわけでもなく。)

SeeUブログ用3

写真はポスターと共に入ってた箱。こっちはそんなに大きくないです(´ω`人)
箱の中に箱とはマトリョシカみたいですなww

SeeUブログ用4

その箱の中に入ってたSeeUパッケージ。
左上に注意書きが書かれています。



「既に開封した物は交換及び払い戻しできません。」



韓国輸入版であるにも関わらず、はっきりと日本語で書かれていて、すごく親しみが持てます(*≧∪≦)



SeeUブログ用6

同梱されていたマニュアル。前半は韓国語ですが、後半は日本語で書かれています。
如何にスタッフが日本ユーザーにも向けてこの子を制作していたかが垣間見えます。

SeeUブログ用7

マウスパッドや缶バッジなども同梱されています。サービス精神旺盛です(笑)



SeeUブログ用5

インストール画面。
インストール時の言語が少し心配でしたが、韓国語・日本語・英語の三種類から選べるので問題ありませんでした。





さて、ボカロPの間ではもはや入手困難な子の一人として有名な子でもあるSeeUですが、この記事を見て、どうやって入手したのか気になった方がいたときのために、私の入手方法を簡単に書いておきます。

まず、日本での入手はおそらく、楽器店での売れ残り(笑)に運よく巡り合うか、オークションなどで出品されるなどしなければ厳しいと思います。(ツイッターでの知り合いに、同じく入手困難ボカロの一人である兎眠りおんのパッケージを運良く店頭で見つけて購入したという猛者がw)



私がとったのは、韓国に社を持つ輸入代行業者に頼る方法です。
「韓国 輸入代行」で検索をかければその手の業者がいくつかヒットするはずです。
通常、韓国の通販サイトでの製品を日本に送ってもらうことはできませんが、代行業者に頼めば自分たちに代わって商品を発注・受け取って日本に繋いでくれます。

依頼の方法は業者によって少し違うと思いますが、大きな違いはないと思います。
代行業者への手数料と、国際発送になるためやや高額な送料がかかってしまいますが、そこは仕方ありません。

SeeUは通販だとcrecrewという韓国のサイトで販売されているので、その販売ページのURLを代行業者に知らせてそこから買って欲しい旨を伝えればおkです。

それと、現在円安傾向になっているため、海外ボーカロイドは少し割高になっているので注意。
この子以外だとYOHIOLOIDも所持している私ですが、いずれも製品単体で17,000円前後かかっています。(SeeUは手数料や送料など込で20,000円を若干オーバーしました。)

なお、注文からこちら到着するのにかかった期間はおよそ2週間弱でした。

予想では3週間ほどを見込んでいましたが、相手方が使ってきたEMSという発送方法がメチャクチャ早い!
(なんと発送通知から2日で到着するという超スピード宅配。もちろん国や同じ国でも地域によってかかる日数は変わってきますが。お近くの中国は発送にかかる料金事情によってさらに時間がかかることも多いようです。)
ただ、税関が休みの土日などを挟むと2、3日ほど遅れるのでご注意。私の場合は木曜日に発送され、土曜日に到着して無事最速で受け取ることができました。



余談ですが、SeeUは韓国では今も普通に売られているようです。
日本で販売されなくなってしまったのは、当時SBS(SeeUの制作・販売元)の日本での販路を中継していた業者がボーカロイド業界から撤退したことにより、販路が断たれてしまったことによるもののようです。(ボカロPの知人談。)

見かけなくなったのが、初音ミクV3が出てくる前後だったように感じたので、私はどうもミクに駆逐されたのかと思い込んでいたのですが、どうやらそうではないようで。あと、中の人であるキム・ダヒが脅迫により逮捕されたのが原因ともいわれているようですが、これも違う様子。そもそもこの事件が公になったときにはSeeUの日本での展開は止まっていたのですが。

ネトウヨ、嫌韓厨も少なくないニコニコだとこの子の動画に対して中傷するようなコメントも少なくなく、自分の作品でないながらも見苦しいコメントに不愉快な思いをすることも多かったですが、それだけに中の人逮捕でますますこの子への中傷が増えるのかと思うと……(つω-`。) 親に罪はあれど子に罪はあるまいに。

後で知ったのですが、販売元のSBSは日本ユーザーへの販売を強く意識していて、SeeUに日本語DBが搭載されたのも、日本ユーザーにも購入して楽しんでもらいたかったのだとか。だから日本でのボカロイベントにも参加して積極的にSeeUに馴染んでもらおうと奮闘していたようです。

制作サイドから早々に見切りをつけられてしまった兎眠りおんや歌手音ピコとは本当に制作・販売陣の情熱の意味では雲泥の差を感じます。(なお、日本では販路が断たれたことにより展開が止まってしまったSeeUですが、韓国国内では中の人逮捕の件までは、SeeUによるミクパのようなバーチャルライブのイベントが行われていたようです。最近だとSeeU男体化のキャラクターが公式から発表されて少し騒ぎにもなりましたがw)

あと、書きそびれていたのですが、SeeUのパッケージ、仄かに香料の匂いがします。不快なものではないのですが、なんとも形容しがたい変わった香りです。
これについてツイートすると「楽器でも匂いがするものがあるので、そのときに楽器と持ち主との「はじめまして」という対面が行われているのでしょう。SeeUちゃんは制作陣に愛されてんですね」(要約)という旨のリプライをいただきまして、制作・販売陣の真意ははっきりとわかりませんが、もしそうであれば、この子は相当に愛されて生まれてきたのだなと思えてきます。(日本での積極的な売り込み姿勢から考えると、こういう粋なことをされててもおかしくはありません。)



最後になりますが、SeeUについては、とくにお世話になっているボカロPの1人である、シュワイPの作品をきっかけに聴く機会が増えて好きになったボカロでした。
それだけに、ようやくこの子を手に出来たというのはなんというか、他のボカロ以上に感慨深いものがあります。







同氏の曲はいくつも拝聴してきましたが、とくにこの曲のサビでの高音の伸びが本当に綺麗で、初めて聴いたときはしばらくリピートが止まりませんでした。元々は初音ミクオリジナル曲で、SeeU版はセルフカバーにあたるようですが、曲の音域的にもSeeUにもよく合ってる曲だと思います。(ちなみにこの曲は後にシュワイP本人にお願いしてVSQとオケをいただいて、メルリで歌わせてみたことがあります。)

スポンサーサイト

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

八茸

Author:八茸
TM box及びSoundCloudで細々とカバーもどきな作品創らせてもらってます。アイコンはNaiさんにお願いして書き下ろしていただきました。

月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
最新記事
検索フォーム
最新コメント
ブロとも一覧

ぐ〜だら武士

冬々亭本部。

山猫02式のブログ

Rs-Factory
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。